So-net無料ブログ作成
奏光のストレイン ブログトップ
前の10件 | -

奏光のストレイン 13話 ラストワルツ [奏光のストレイン]

最終回となったストレインだけど…うーん
とりあえず、セーラとラルフその周りの物語は終わりって事はわかるが
ふたつに分かれている人間の戦争の行方とかどうなっちゃうの?と言いたい(^^;
その辺が納得出来てない部分かな

どちらにしても
実の兄を殺めなければならなかったセーラも辛いね ほんと…

あと…どうでもいいことなんだけど
エミリィの味覚ってどうなってるわけ?と言いたくなった(苦笑)
女王様が作ったサンドイッチ…ありゃ、マスタードの量大杉と言うことか?(^^;
てか、作ってる時に味見とかしないんでしょうか? この子は(爆)

セーラも女王様も
どっちも負けず嫌いで似たようなもんだなぁって…あらためて思ったわ そのシーンで(苦笑)

関係ないが
劇場版ウルトラマンメビウス…メモリアルボックス在庫なしでキャンセルされた(;_;)


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

奏光のストレイン 12話 [奏光のストレイン]

感想書けるほど頭が整理されてないんだけど(爆)
結局、ラルフ、セーラ、エミリーを巡る物語は最後の大詰めになってるようだけど
こいつらの個人的な問題はともかくとして
ラルフはあまりにも多くの命を殺してきてるわけだし
セーラに討たれて死ぬんだろうかねぇ?
たったひとりの肉親である実の兄を討たなきゃならないというのも
つらいものがあるよね これ
ほんとに討てるんだろうか?と思う

で、ひっかかってるのは
人間がふたつの勢力に別れて戦争してるこの全体の流れはどうなってしまうの?です
セーラ達の話は終わりでこの世界の行く末は?と思うんだが(^^;
ラルフが戦っていたのは相手陣営でなく
エミリーと同種族のストレインだったわけだから
根本的にこの戦争っていったい?と思ってしまうんだけど(^^;

ほんとに頭の中いまいち整理出来てないので…
こんな話に入ってくれる方…コメントして(ぉ


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:アニメ

奏光のストレイン 11話 [奏光のストレイン]

とりあえず、先週の内容の補完がAパートと言ったところなんだけど
いまいち内容が整理出来てない状態(自爆)
結局、事の発端はエミリー達が自分たちの仲間を取り返すために…てことでいいのかな?

で、ラルフは
戦闘中にエミリーと同種族の子と遭遇してその子が持つすべての記憶を
時空を逆行する時に共有してしまってあーなったという事ね?(^^;
彼女たちの怨念の記憶
人間を恨んでいるのは当たり前だしその記憶すべて流れてきたら
狂気に走ってしまうのは仕方ないかなと思う

と言うか
科学者ってどうしてそう言う傲慢な奴らなんだろうね?
技術の発展に繋がるなら…人間じゃないからモルモットにしていいとでも?ですか?
あのメガネのエンジニアもそんな感じにみえたねぇ
モルモットにされて殺された彼女たち
その記憶すべてが共有されてしまったのなら…狂って当たり前でしょ?

幽遊白書でも似たようなものあったなぁ
仙水が狂気に走った理由…黒の書と言うビデオテープが原因だけど…

とりあえず
ラルフの暴走は仕方ないのかなぁと…彼女たちの怨念にも支配されてるようだし…
いずれにしてもこのアニメ…ハッピーエンドに終わらなそう(苦笑)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

奏光のストレイン 10話 [奏光のストレイン]

ラルフがエミリーを取り返そうとしてる理由って
エミリーと同種族の子から言われたことが1番の事なんだろうか?
いまいち…話の内容が整理つけてない(^^;

まずはラルフが連れ去ったエミリーは…あれは生物ね?
地球外生命体と言った方がいいね
で、セーラとリンクしてるエミリーは人形だが
中のミミックは600年前に作られたもの…だったということ
そしてその中身はエミリーと同じ種族の脳みそだったと言うこと…
現在のミミックは人間が生まれた時点で自身の分身を
クローンでつくったもの?なんだっけ?(^^;
だからミミック喪失=ストレインのパイロットの資格喪失ということに?

そもそもこの戦争って
発端はなんだったのかよくわからんのですが…(^^;

ただ言えることは
今回の話でやはり人間って傲慢な生き物だな…ですね
地球外生命体…エイリアンと言うけどさ
外見は女の子そのものだし知的生命体でもあるのに
あたかもモルモットのように扱って
挙げ句の果てに脳を取り出されてミミックの中に入れられるなんて…
そんな滅茶苦茶なことを考える科学者どもは…
人間でないからなにしてもいいわけ?
人間がそんなに偉いわけ? 人間ほど愚かな生き物いないと思いますがね?
いつの時代も戦争の繰り返しやん?
そんなバカな生命体が偉いのか?と言いたいね
そう思わない?

あとは…ラルフ
目的のためには手段選ばないというか…もう鬼じゃない? これ


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

奏光のストレイン 9話 [奏光のストレイン]

セーラの素性がばれちゃって
スパイではないかとか敵艦がセーラを追いかけてきてるんではないかとか
挙げ句の果てにはコロニー側も厄介払い…なんだかなぁです
確かにラルフが兄であることを知ってしまったら
あの裏切り者の妹と言うことで疑われてもしゃーないけど…
にしてもねぇ(^^;

そんな中でロッディは憎しみの炎燃やして
拳銃握ってセーラの元へ
まぁ、彼女としたらたったひとりの兄をラルフに殺されたんだから
当然の行動なのかも知れないけど…ね
ただ、ロッディもセーラも似たような境遇だよねぇ
兄妹ふたりだけで生活してきて
ふたりとも兄が軍へ行ってしまって
それを追いかけるようにリーズナーに…

サブタイトル 目の前の自分というタイトルにふさわしい内容だね
とりあえず、セーラはラルフを自分で殺すと宣言したけどどうなるやらです

で、次回はエミリーに関しての話になるが
あの人形がどういう秘密になってるかですね(^^;

それ以前にラルフがどうしてこんなことをするかですが(^^;
なんか血を吐いてるから余命が残されてない感じにみえるし
なぜ裏切ることになったか…それが気になる


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

奏光のストレイン 8話 [奏光のストレイン]

ゴミ収集車に持って行かれたエミリーを取り戻すために
駆け回ってる中でもう一人のエミリー(こっちがコピー?)とばったり…
カリス、セーラ、エミリーの3人が中心に話が流れた回なんだが
最後…カリスがラルフにやられて亡くなっちゃうなんて
なんだかなぁです
1話でも同じようにセーラに気がある男が亡くなってしまったけど
これ…しゃれにならんわ

挙げ句の果てに
ロッディに素性バレちゃったし
兄を殺された憎しみが殺意となってセーラに向けられてるようだし
仕方ないね これ

で、気になるのはラルフ
洗脳されてる様子でもなく改造されてる様子でもなかったのね
自分の意思で裏切ったのか こいつ
なにがあったのか…ですね
それにしても実の妹に再会してもあの冷たさって…


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

奏光のストレイン 7話 [奏光のストレイン]

サブタイトルがラヴィニアの素敵な陰謀だったが
素敵と言うよりただのバカ?というか間抜けというか…
セーラの気をひこうとしてあの手この手で近づこうとしても
詰めが甘いというか最後にドジを踏む
さすがに艦内を裸で走り去ってしまうシーンは哀れだったが(^^;

挙げ句の果てに
リーズナーとして大切なパートナーであるミミック…
セーラの場合エミリーだがそれを出来心でどっかに隠して
その際にゴミ収集車に持って行かれる羽目に
それやばいよね
エミリー取り戻せなければ番組終わるから取り戻せるとは思うが…

来週は
もうひとりのエミリー…こっちがコピー?が
敵艦から出てきてしまってセーラとばったり会う展開になるのかな?
オリジナルとコピーと繋がりあるような気配にみえるんだが
どうなんでしょう?


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

奏光のストレイン 6話 [奏光のストレイン]

今回はとくに多く書くこともないんだが
ひとつだけ…これだけは言わせて(爆)

ラヴィニア やっぱり変?(走召木亥火暴)
バニーガールのコスプレって…なんなんだぁ(苦笑)

事のなりゆきは
ロッディが歓迎パーティー開催させたんだけど
一人だけ遅れてきた上にその格好って(^^;
どう考えてもこの子はずれてるよなぁ(苦笑)

で、一つ気になったのはラルフ
戦艦内でエミリー連れて歩いてる時に上官?に遭遇して嫌味言われてるが
裏切り者のくせにとか…
それってラルフ本人の意思で裏切ってんのかねぇ?
だったらセーラの記憶はどうなってんの?と言いたくなったんだが(^^;

あと…今回ラヴィニアが危うくやられるとこだったが
まさかお亡くなり?と思った 一瞬(^^;
無事だったのはよかったが(゜_゜)(。_。)ウンウン

最後にロッディ役の野上ゆかなさん
気が強くてダニ声ぽい役…ちょっと違和感(^^;
コードギアスでもCCのCVだけどこっちもそうだが…

どっちか言えば
ウエピーの百合やテッサロッサやプリキュアホワイト等の声の方が
イメージに残ってるから…(^^;


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

ラヴィニア… [奏光のストレイン]

ストレインでレズ女の名前把握出来た(^^;
…トラックバックしてきてくれたアミューズエイドさんの記事のおかげで…m(__)m

先週の記事に
あったけどラヴィニア…確かにいじめっ子だね 元祖は(走召木亥火暴)
何のことだかわからない人もいると思うので説明を(笑)

昔、世界名作アニメにてやっていた小公女セーラの話です
肉親を亡くしてしまったセーラが学園で屋根裏部屋においやられて
憎たらしい院長のクソババァや元クラスメイトのラヴィニアらに
いじめられ続けながらも…という内容のアニメ
最後は亡き父親の意思を継いでくれた父親の親友だった人が
引き取ることになってダイヤモンド鉱山のプリンセスとして…です
ダイヤモンドプリンセスという呼び名は彼女にこそふさわしいですからね
いじめられていたのにラヴィニアのバカを許してるし…

と言うことで
セーラとラヴィニアというふたつの名前だと
いじめられ役といじめ役を連想するんだがストレインの場合ちゃうよね(苦笑)

ラヴィニアねぇ
レズ担当なのか天然なのかオチ担当なのか
はっきりしろというのもわからんでもないが面白いからいいか(走召木亥火暴)

…喧嘩止めに機関銃持ち出してくるなよ(^^;

小公女(プリンセス)セーラ

小公女(プリンセス)セーラ

  • 作者: 日本アニメーション株式会社, フランシス・エリザ・ホジソン・バーネット, 小山 真弓, Frances Hodgson Burnett
  • 出版社/メーカー: ぎょうせい
  • 発売日: 2001/08
  • メディア: 大型本


小公女セーラ 完結版

小公女セーラ 完結版

  • 出版社/メーカー: バンダイビジュアル
  • 発売日: 2002/03/25
  • メディア: DVD


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:アニメ

奏光のストレイン 5話 [奏光のストレイン]

今回は孤立していたセーラが
やっと心開いたような兆しが見えた回でしたが
イザベラたちのいじめっ子グループが
イザベラを亡くしたことに対しセーラのせいにし
地下倉庫置き場?に呼び出し5人でよってかかって…
セーラも抵抗もせず黙って殴られっぱなしというのは
やはり、自分の兄がやったことに対して罪悪感
そして自分も目の前で友達を失ってるわけだから
彼女らの気持ちもわからなくもないと言うことからなんだろうけど
それにしてもねぇ ふぅ
いじめっ子連中可愛くないなぁ

一方のストレインパイロット生徒達は
連中とうってかわってセーラを敵視してなく
むしろ好意的に受け入れようってあの手この手で声をかけてくるのだが
相変わらずセーラはかわいげもなく…(^^;
おそらく仲間を持つことに対しての恐れとかもあるんでしょうね
と言ってももう少しかわいげあればいじめられずにすんだものを…です

で、ロッディだが
チームのフォーメーションでセーラをトップに持って行くつもりで…
と言っても自分もトップを譲るつもりもないようだが(^^;
いわゆるツートップフォーメーションを使うことをみんなに伝えたけど
ここで受けたのは
「セーラと私ではない私とセーラだ」
…この子ってばプライド高すぎ(苦笑)

それから
今回の話で1番受けたのはレズ女(名前わからん)
セーラが更衣室で着替えてるところに来て
お肌すべすべとか…べたべたと(^^;
それもあれだけど
セーラがいじめっこ連中に呼び出された後
ロッディ達が駆けつけてきた時に
ひとりだけ遅れてきて…機関銃装備って…(爆笑)
ずれているというか…こういったキャラ好きだわ
顔も結構好みだったし(爆)


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:アニメ
前の10件 | - 奏光のストレイン ブログトップ