So-net無料ブログ作成

ZEN離陸まであと半月 [自作関連]

久々の記事作成になります
もっぱら…Twitterのまとめを自動的に上げているだけになった
このブログですが…もう見に来ている人いないでしょ? こんなところ(^^;

さて、自作関係カテゴリの記事を書くのも
数年ぶり…Kaveriを入れたとき以来でしょうか?(確か??

ZENアーキテクチャが予定されていると知ったのが
2014年頃だったと思うが
2015年にメインマシンがコールドスタートで転けていたり
BIOSアップテートで起動しなくなったときに
1度ツートップ仙台店に預けたのだけど
ZENが控えている中で大幅な変更はパスして
BIOS復旧と念のために電源を交換した程度にすませた
 >交換した電源 アンテックのPlatinum 安物ですが(^^;
  電源は1万以下の安物は買うなという話は時々聞いてることだけど(苦笑)

それから2・3年
去年の年末に窓10バックアップ操作に失敗して
それの反動で積んでいたSSD(プレクM5S)を壊してしまう羽目に(自爆)
復旧試みるものも…SSDは死んでしまってる状態
仕方ないからHDDにOSを入れて
今は騙し騙し使っている状態(苦笑)
毎朝起動に転けていたり酷い有様なんだが(ぉ

そういうこともあってか
2015年頃から次のシステム変更はZENで作るということを
決めていたのだけど
メインマシンが半壊している状態だし
ZEN離陸が間近と言うこともあってか
そこまでは騙しつつ使っていくって感じで(^^;

そしてツートップ仙台店が閉店してしまったこともあるので
同じユニットコム系列のパソコン工房泉店に依頼することにした
理由としては20年間付き合って貰った店員さん
今関東で管理職になってしまっているけど
それでも0から他店(ドスパラとか)に依頼するよりは
サポートとか作るときの意見反映とか
ましかなぁって思ったので工房に…

ただ、このマシンを分解して
使える部品は使うという構想を店員とやりとりしていて
交換手数料がパーツごとにかかるようになってしまったらしくて
分解して組み替えるよりは
0から作った方が安く出来るんでは?という話に

まずはケース
2002年だっけか? 宮城県北部地震を機に
タワー型を使わないことにして
横置きケース等に拘っていたのだけど
このマシン Silverstone SST-LC13
この型番はもう販売されていないから
横置き かつデザイン的にいいもの?
最初に見積もりで店員からかかれていたのが
Lian-liのPC-C60 価格が3万していたと言うのもあるが
デザイン的にもいまいち好きになれなくて却下

横置き自体が少なくて選択肢があまりないという現状だけど
デザイン的に…となると
Thermaltake Core X9

Thermaltake Core X9 E-ATX対応キューブPCケース CS5157 CA-1D8-00F1WN-00

Thermaltake Core X9 E-ATX対応キューブPCケース CS5157 CA-1D8-00F1WN-00

  • 出版社/メーカー: Thermaltake
  • メディア: Personal Computers

 

 

クーラーマスター HAF XB

CoolerMaster ハイエアフローキューブタイプケース HAF XB EVO (型番:RC-902XB-KKN2-JP)

CoolerMaster ハイエアフローキューブタイプケース HAF XB EVO (型番:RC-902XB-KKN2-JP)

  • 出版社/メーカー: Coolermaster
  • メディア: Personal Computers

 

 

 

この辺かなと思ったので
この二択に絞ったがX9はでかすぎるというのと
価格も2万オーバーしているのとで
置き場所を考えるとHAF XBの方が無難かなと言うことで
こちらを選択予定

次に石と母板
石はZENで作るとは決めているものも
3月にリリースされるのは最上位 R7 1800Xと1700Xだけという予想
フラッグシップモデル…さすがに石だけに6万以上かけるのは気が引ける

と言うか…20年近くAT互換機を触ってきてるが
石に1番高く使ったのは
2005年のFF11専用機作成のために作ったマシン
Athlon64 3700+(San Diegoコア)で35000円ぐらいだったはず
それを考えると今回はそれ以上に高い石になりそうです
1800Xはパスすることにしているが
その下の1700Xを第一候補としてあげている
末尾にXがつしているのはXFR機能が有効になっているモデル
簡単に言えばシステムの冷却能力次第で
定格を超えたターボブーストが可能になる
いわば自動オーバークロック機能と言うこと
Xなしの1700は定格3.3G ブースト3.7Gまでと言うことなので
そこまでしかブーストされないから面白味がない
どうせ買うんだからXFR機能付きで遊びたい(爆)

また、上位のR7以外でR5 1600Xなどが
同時に販売されるならトータル価格次第で1600X以下に妥協も考えている

ちなみに今回のZENは
まだ正式なベンチマークデータが出回ってはいないが
それでも総じてIPC(クロック当たりの性能)は
インテル サンディブリッジ並にはなってる気配

Bulldozerアーキテクチャというゴミから5・6年
そもそもBulldozerの設計者は
インテルでネットバーストアーキテクチャというゴミを作ったものなのに
そんな奴を招き入れて
ネットバーストアーキテクチャ同様
クロック性能犠牲にしてクロックを稼いで
高クロック=高性能とか言う素人だましのクソCPUを
また作りやがって…なに考えてるんだかね?
そんな設計者を使ったAMDもあほだし
K8対P4で散々こっちが言っていた「素人だましの糞CPU」と言うことを
そのままそっくり今はインテル派から言われる羽目に
まんまブーメランだわ

そんなゴミはさておきとして
ゴミは論外だからおいといてZENは
サンディブリッジ並と言うことなら
少なくても前世代のK8やK8改と言われていたK10系と比較しても
同一クロックでは上回ってると言うことになりそうですね

CPUの特徴を見ると
整数演算につよく浮動小数点演算は苦手という感じに見えるので
この特徴だと…K6系に近いのかな?と思った
K7~K10までは整数演算より浮動小数点演算の方がつよかったので
逆になってる感じに見えた

まぁ、実際どうなるのか
ものが出てから今の評価のままの性能なのか不安ではあるが…
とりあえずはBulldozer系よりは期待はもてそうか?

そして母板
今回は石もハイエンドのラインまで行ってるものを使うから
それにあわせてオーバークロックにも耐えることが出来る板を選びたい
かつ、このマシンにはインテルLANと
音源にSE-90PEIを積んでいるので
LANカード入れるというのもあるけど
音源がPCIバス自体なくなっちゃう可能性が高くて
USB-DACを外付けで買う案もあったが
これもコストがかかりそうだし…で
ASUS Crosshair6が出るという予想は聞いていたので
Crosshair6Formula辺りかなと考えていたら
Formulaは出てこなかった(苦笑)
Crosshair6Heroという型番だった

LANチップは予想通りインテルチップ
音源はESS社のDACを搭載されてるらしいので
蟹チップ(リアルテック)使われるよりはいいかなと(爆)
最上位になるしCrosshairという名前を受け継ぐなら
オーバークロックにも耐えるものだろうと思うから
これを第一候補
妥協するならこの下のグレードになるけど
いずれにしてもASUSを選ぶ

GPU
今回はAPUでないので外付けGPUを使わなくちゃならない
最初に見積もりで書かれてきたのは
nVidia系だったけどATi(AMD)に指定しなおした
昔からというか…Matrox G400を使ったあとのGPUからは
すべてATi製になってるのでこれは変わらず
基本性能云々よりも2D画質優先ですね
だからnVidia系は頭から買うつもりはない
画質重視ならATiの方がいいというイメージ

と言うことで
そこそこの性能…とりあえず
Radeon RX470/460のどっちかで

その他 ストレージ周りとかは店任せになる
SSDはプレクM6Sを考えていたけど
コストパフォーマンスでインテル M2接続のものでもいいかなと

HDDは適当に1Tか2T
トータル価格次第で2台入れて1台は窓10の定期バックアップ用のドライブにでもしようかと

BDはPioneerのバルクね これはもう これしかないから(笑)

メモリは8Gか16Gか
最終的な価格で決まる気がする

あとは…OCを前提で考えているから
CPUファンと電源も粗悪なものは選択しない事にして
電源は
Seasonic KM3シリーズ

オウルテック 80PLUS GOLD取得 HASWELL対応 ATX電源ユニット 5年間交換保証 フルモジュラーケーブル Seasonic X Series 650W SS-650KM3S

オウルテック 80PLUS GOLD取得 HASWELL対応 ATX電源ユニット 5年間交換保証 フルモジュラーケーブル Seasonic X Series 650W SS-650KM3S

  • 出版社/メーカー: オウルテック
  • メディア: Personal Computers

 

 

 

Platinum認証のXP2

オウルテック 80PLUS PLATINUM取得 HASWELL対応 ATX電源ユニット 5年間交換保証 フルモジュラーケーブル Seasonic X Series 660W SS-660XP2S

オウルテック 80PLUS PLATINUM取得 HASWELL対応 ATX電源ユニット 5年間交換保証 フルモジュラーケーブル Seasonic X Series 660W SS-660XP2S

  • 出版社/メーカー: オウルテック
  • メディア: Personal Computers

 

 

 

こっちも考えていたけど
そこまでの差はないとのことなので
コスト優先でKM3の方にすることにした
これだって今の相場だと19Kぐらいしているものだから高めの電源なんだけど
Seasonicは電源メーカーとして定評あるし
今回はしっかりしたものを選ぼうと思うのでこれを

CPUファン
ケースをHAF XBにするからケースの仕様を見ると
高さは15センチ以内までのファンしか載せられそうにないみたい
そうするとサイドフロー型はほぼ全滅???
店員の話によると
CPUだけを冷やすならサイドフロー型だけど
ソケット周りVRMとか全体を冷やすならトップフロー型の方が安定性はいいと言うことらしい
ハイエンド サイドフロー型が選択出来そうになさそうだから
トップフロー型を選ぶとは思う
今使っているのは
ThermallightのAXP-200だけど
ソケットAM4用リテンションがついたものが出そうにないし
AXP-200と変わらないもので…


[Noctua正規代理店]NH-L9x65 - ロープロファイル CPUクーラー[NH-L9x65]

[Noctua正規代理店]NH-L9x65 - ロープロファイル CPUクーラー[NH-L9x65]

  • 出版社/メーカー: Noctua
  • メディア: Personal Computers

 

CRYORIG CPUクーラー トップフロー ロープロファイルデザイン C1 日本正規代理店品

CRYORIG CPUクーラー トップフロー ロープロファイルデザイン C1 日本正規代理店品

  • 出版社/メーカー: CRYORIG
  • メディア: Personal Computers

 

 

 

 

この辺になりそうかな
どっちを選択してもファン部分は2.5センチ厚の奴に変更して貰う予定だが

とりあえず、そんなところだね
20万で考えていたけど20万で出来そうにないので
30万上限にして3月以降 話を煮詰めていく予定

いずれにしても
Bulldozerが出たときよりはわくわく感はあるし楽しみである(笑)





nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0