So-net無料ブログ作成

あと一週間となりましたね ZEN離陸まで [自作関連]

AMD 新x86プロセッサ
ZENアーキテクチャでのRyzen 最上位シリーズ R7の3種類の発売まで
あと1週間になりましたね
ちらほらとベンチマーク数値も公表されてきてるようだけど
インテル ハイエンドCPUにガチンコで殴り合える性能にはなっていそうな
数値だから今回は期待はずれということにはならないようですね(笑)
前回の記事にも書いたけど
自分はK10系コアを上回ってれば合格かなと思ってます(爆)

いずれにしろ
Bulldozer系よりはまともなCPUになってるので
今から楽しみでわくわくしてます(笑)

とりあえず、パソコン工房泉店とメールでやりとりしつつ
煮詰めていったのだけど
当初の予想で1700Xでも65000円台とか
予想されていたので
上限を30万に設定してパーツ選定を煮詰めていってました

ただし、電源とマザーだけはグレードを下げたくなかったので
電源KM3 母板C6Hは固定

そんなこんなで正式な価格が数日前に発表され
1700Xが5万 1800Xが65000円という価格に
これにはびっくりだったね
なので1700Xを買うなら1800X買った方が
クロック耐性はいいだろうというのもあるので
K6-166から使いだして20年ぐらい経つが
はじめてのフラッグシップモデル
なおかつ30万レベルの互換機もはじめて(爆)

K8時代もFXは諦めて買わなかった人だからねぇ
それを考えると今回はかなり…ですよ(苦笑)
1800X インテル j7 6900相手に殴り合える性能だから
6900だと10万以上だっけ?
実質 ウルトラハイエンドクラスのCPUを買うことに…

こんなCPU買って なにするの?
はい なにもしません
自己満足のなにものでもないですね(ぉ

CPUは1800Xにして
CPUファンはこれもトップフロー型のハイエンドクラス C1
と言うのもNoctuaのを取り寄せ出来ないということだった…
ファン部分は2.5センチ厚に交換

GPU
最後までRX460/470で迷っていたけど
双方とも価格改訂してくれたので470選んでも
予算内に収まってくれたのは助かった
性能差が2倍近くあるからなぁ 両者で

SSDはインテルのM.2接続の512Gの奴
コスパはいいぽいけど
コントローラーがサンドフォースだっけか
そこだけが気がかりかな
他に在庫がないらしいから
在庫1になってる これ キープしてくれてるということだし
そのまま買うことに

その他
背面に12センチファン*1 8センチファン*2を追加

HDDは1T*2
窓10が不安定すぎるイメージあるから
1台は定期的なバックアップ用に使う

光学ドライブとカードリーダーはもちろんつける
これで29万ちょっと(送料手数料込み)
ぎりぎりですね(^^;

ただ、マザーが流通量が少ないらしいから
東京 大阪 名古屋優先に持って行かれるらしいから
初回入荷で宮城までまわしてくれるかどうかあやしいみたい
だから4月までずれ込む予想はしてる

とりあえず、1800XがXFRでどこまでまわせるか
そこが楽しみかな


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0